間取りにこだわる

家造りでは自由に間取りを決められるので、建築士と相談をしながら希望が叶う設計をしてもらうと良いでしょう。ただし素人が安易に希望の間取りにしても住みにくくなるときもあるので、間取りの基本を知ってから決めると良いでしょう。

明るい家にするための間取りはどうする?

家族が団らんしやすい間取りを知っておこう!!

生活動線を重視した間取りの注意は何?

環境にやさしい設備

住宅で生活するには水道やガスや電気などが必要になり、住宅の作りによって使用頻度が変わるときもあります。環境にやさしい家造りを心がければ、電気代やガス代などを節約した家が可能になり、家造りに取り入れると良いかも知れません。

電気代がかかりにくい設備に何がある?

オール電化での家造りのメリットとデメリットは?

エアコンを必要としない家造りは可能?

風通しを考慮した涼しい家を造る

かつての日本家屋は夏に過ごしやすくなる設計になっていて、四方に窓を設けたり天井が高くなっていました。古いお寺のお堂などは真夏でも意外に涼しく感じるときがありますがまさにその造りと言えるでしょう。新たに家造りをするときにできればあまりエアコンを使わないような涼しい家にしたいと考えるかもしれません。風通しの窓をうまく配置すれば常に家の中に風が通るようになり、エアコンの使用量を大きく減らせる可能性があります。南の高いところに窓があるならその逆の北側には低いところに窓を設置すると高いところから低いところに風が流れます。人が生活する空間に涼しい風が入りやすくなり、夕方から夜にかけてはエアコンなしでも生活できるでしょう。

太陽熱で温めたお湯を循環させる暖房

太陽エネルギーを活用すると石油エネルギーなどの利用を減らせます。太陽光発電装置で電気を作ればより環境にやさしい生活ができるでしょう。家造りをするときにその他の太陽エネルギーを活用できる工夫をすればさらにエコな生活ができるかもしれません。冬場には暖房が必要ですが通常は電気、ガス、石油などを使います。そこで太陽の熱で暖めたお湯を使った暖房の仕組みを取り入れてみましょう。屋根などに太陽熱でお湯を作る装置を取り付け、そのお湯が家全体を循環ようにしておきます。これにより電気などによる暖房の利用を減らせるようになるでしょう。床暖房などなら部屋の空気を汚さないので換気の必要も少なく、冬でも安全に快適で暖かく暮らせます。

ライフスタイルによって様々・二世帯住宅の3つの種類とは

二世帯住宅とは、1つの建物に親世帯と子世帯が共に住む住宅のことです。その種類は、個室以外を共有する完全同居型、キッチンやトイレなどを共有する部分共用型、全ての設備を別にする完全分離型に分けられます。

© Copyright Same House Purchase. All Rights Reserved.